脱毛と毛周期の関係

毛周期って何?毛周期は脱毛する上で重要なポイントです


毛周期について知っておこう

サロンでの美容脱毛やクリニックでの医療レーザー脱毛をする上で重要になってくるのが「毛周期」です。

毛周期というのは、毛が生えたり抜けたりするサイクルのことなんですが、この毛周期に合わせて脱毛を行なうことで、効率良くムダ毛をなくしていくことができます。

では、どうして毛周期に合わせて脱毛するといいのでしょうか。毛周期について詳しくみていきましょう。

毛周期って何?

人間の毛というのはずっと生え続けている訳ではなく、生えて成長した後は抜けていき、その後しばらく休止をしてまた生えてくるということを繰り返しています。

このサイクルのことを毛周期といいます。

実際に表に出ている毛というのは全体の3分の2ほどで、残りの毛は抜けてしまっていたり休んだりしている状態なのです。

1回の毛のサイクルは、個人差や部位ごとに違ってきますが、だいたい2、3ヶ月くらいだと言われています。

それでは、毛周期の種類についてみたみましょう。

毛周期の種類

成長期

成長期の毛というのは実際に生えている状態の毛で、毛細血管から栄養を受けた毛母細胞が分裂して、毛が作られて成長していく時期になります。

実際に光脱毛で抑毛できるのはこの成長期にある毛のみになります。

退行期

成長していた毛が抜ける準備に入る時期が退行期です。毛細血管からの栄養がなくなって毛母細胞の分裂が停止、抜ける準備に入ります。

休止期

毛が抜けてしまって表に現れていない状態が休止期です。毛根と毛が完全に離れて毛が抜け落ち、次の成長期に入るまで休んでいる状態です。

毛周期はどの毛にもあります。顔などのうぶ毛は抜けても気づかないのでわかりにくいですが、ちゃんと生えては抜けてを繰り返しています。

美容脱毛ではこの毛周期に合わせて施術を行なっていきます。

毛周期に合わせて施術を行なう理由

脱毛できるのは成長期にある毛のみ

コロリー、ミュゼ、脱毛ラボなどが採用しているS.S.C.方式、キレイモ、銀座カラー、シースリーなどが採用しているIPL方式、どちらの施術法も毛周期に沿ったお手入れがポイントになります。

というのも、どちらの施術法も脱毛できるのは成長期にある毛のみだからです。退行期や休止期にある毛には光でダメージを与えることができないんですね。

成長期にある毛は全体の毛の3分の2ほどしかないので、1回の照射で抑毛できるのは3分の2の毛だけ。残りの毛に関しては、成長期に入ったところでまた照射を行なう必要がある訳です。

2〜3ヶ月おきに施術するのが理想

毛周期のサイクルは個人差や部位ごとに違いはありますが、だいたい2〜3ヶ月おきになるので、施術に関しても2〜3ヶ月おきに行なうのが一番効率が良いとされています。

コロリーでは1ヶ月おきでも通うことは可能ですが、脱毛効果を考えるなら2〜3ヶ月おきに通うのがオススメですね。

毛周期に関係なく施術できる脱毛もある

最近では毛周期に関係なく脱毛することができる「SHR脱毛」という方式も出てきています。

SHR方式は、従来のS.S.C.方式、IPL方式とは違って、ジェルの上から広範囲に弱めの光エネルギーを連続して当て、熱を「毛包」に集中させて脱毛する方法になります。

毛周期に関係なく施術ができるので、2週間〜1ヶ月おきのお手入れが可能。早く脱毛を完了させたい人にオススメですね。

ちなみにSHR方式を採用している脱毛サロンは、「ストラッシュ」、「ラココ」などがあります。

全身脱毛サロン colorée(コロリー)

全身脱毛サロン「コロリー」の効果と料金を他サロンと比較してみた結果トップページへ

全身脱毛サロン「コロリー」の効果と料金を他サロンと比較してみた結果は、トップページから確認することができます。