ムダ毛の自己処理

ムダ毛の自己処理がキケンな訳とは?


ムダ毛を自己処理するとどうなる?

ムダ毛の処理。女子にとっては面倒くさいことこの上ない儀式ですよね。

かといって放っておくこともできないのでなんとかしないといけない訳ですが、アナタはどんな方法で処理を行っていますか?

毛抜き?カミソリ?除毛クリーム?ワックス?

実はこれ、どれも長く続けていると肌や毛穴を傷つけてしまって、とんでもない状態になってしまいます。

人には見せられない肌状態になったりして、絶対後悔することになるので今すぐヤメた方がいいです。

具体的にどんな肌トラブルが起きてしまうのか、詳しくみていきましょう。

毛抜きで抜く

ムダ毛の自己処理で一番やってはいけないのがコレ。毛抜きで抜くことです。

毛抜きでの処理って、慣れてくると痛くなくなって逆に快感になってしまうので、ついついやってしまいがちなんですが、一番肌や毛穴を傷つけることになるので注意しましょう。

具体的な症状は以下になります。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は、顔でいういわゆるニキビ。毛穴が赤くブツブツの状態になってしまう状態です。

毛抜きなどでムダ毛を抜くというのは、毛根から無理やり毛を引っこ抜くことになるので、毛根が傷つき出血が起きたりします。

そこからばい菌が入って炎症を起こし、毛穴が膿んだ状態になっていって、最終的にポツポツの突起状になってしまいます。これが毛嚢炎です。

この状態でさらに抜き続けていくと、悪化して痕が残り黒いシミになることも。

こうなると簡単には治らなくなってしまうので注意しましょう。

埋没毛

埋没毛は、毛が表に出られずに皮膚の中で生えてしまう状態のことです。

毛抜きで抜いたりすると肌が傷ついてしまい、その傷が治るときに毛穴がふさがってしまうことがあるんですね。

そのため毛が毛穴から出られなくなってしまって、皮膚の下に埋もれてたまま成長してしまう訳です。これが埋没毛です。

埋没毛になってしまうと処理をするのが難しく、ついつい無理やり取り出してしまいがちですが、そうするとさらに肌を傷めることになってしまいます。

そうすると次も埋没毛になってしまうので、そのまま負のスパイラルに陥ってしまうので気をつけましょう。

ちなみに光脱毛では埋没毛に光をあてても効果はありません。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、毛穴部分が黒くシミになってしまう状態のことです。

ムダ毛を抜き続けていると、肌や毛穴が傷いて炎症がおきてしまい、その部分が色素沈着を起こしてシミのように黒くなってしまうという訳です。

人間の肌というのは、傷つくとシミになりやすい性質があるんですね。いったん色素沈着の状態になってしまうと治すのはとても大変です。

カミソリやシェーバーで剃る

カミソリやシェーバーでの処理は毛抜きで抜くよりはまだマシですが、それでも肌に大きな負担をかけてしまいます。

脱毛サロンで施術を行なう際には事前にシェービングが必要になるので、どうしても剃らないといけない時が出てきますが、なるべく回数は減らすようにしましょう。

具体的な症状は以下になります。

瘢痕化(はんこんか)

瘢痕化というのは、皮膚が硬くなってしまう症状のことです。

カミソリなどでムダ毛を剃ると皮膚の一部も剃ってしまうことがあります。肌というのは、いったん傷つくと新しい皮膚を作ってその部分を修復しようとする性質があるんですね。

で、修復された新しい皮膚(瘢痕皮膚)というのは、以前よりも硬い皮膚になってしまうんです。これが瘢痕化です。

皮膚は傷つけば傷つくほどどんどん硬くなっていくので、何度も剃っていると最終的には毛穴が鳥肌のようにブツブツの状態になってしまうことがあるので注意しましょう。

除毛クリームで処理する

除毛クリームは簡単にキレイにムダ毛が処理できるので、使用している人も多いと思いますが、ムダ毛を溶かして処理する方法なので、当然肌には良くありません。

ムダ毛だけじゃなく、皮膚をも溶かしてしまう危険性があるからです。

除毛クリームには「チオグリコール酸」、「チオグリコール酸アンモニウム」といったアルカリ性の成分が入っているんですが、こういったアルカリ性の成分は肌に刺激を与え、皮膚まで溶かしてしまうことがあるんですね。

なので、敏感肌の人やアトピーの人、肌荒れを起こしている人などは絶対に使用しないようにしましょう。

ワックスではがす

最近人気になってきているブラジリアンワックス脱毛。脱毛したい部分にワックスを塗って固めて、ワックスと一緒にムダ毛を一気にはがすという方法です。

一度にたくさんの毛を処理できるので手軽でいいですが、素人がやると失敗することが多く、毛抜きでの処理のように「埋没毛」や「毛嚢炎」といった肌トラブルを引き起こしかねないので、こちらも長く続けるのはNGです。

全身脱毛サロン colorée(コロリー)

全身脱毛サロン「コロリー」の効果と料金を他サロンと比較してみた結果トップページへ

全身脱毛サロン「コロリー」の効果と料金を他サロンと比較してみた結果は、トップページから確認することができます。